イナホ製菓株式会社
会社沿革  

 

昭和21年 大倉 諭、小樽市稲穂4丁目に、大倉製菓所を設立。和菓子類の製造販売業として発足

昭和28年 有限会社 イナホ製菓に改組。

昭和45年 イナホ製菓株式会社に改組。小樽市豊川町に手宮工場を設立し、製造販売の拡充をはかる。又、この年に、真空袋詰串 団子を開発。

昭和51年 本社工場を新増改築、各種自動機を設置、省力化をはかる。同時に、全国で初めて、冷凍の和菓子を発売。

昭和56年 小樽市勝納町に、勝納工場を新築、稲穂工場、手宮工場の統合をはかる。特許、真空包装鏡餅の製造販売を開始。

昭和60年 小樽銘菓「菓子処いなほ」として催事部門設立。

昭和62年 運河のささやき、えぞ饅頭がそれぞれ小樽推奨観光土産品とされる。

昭和63年 営業事務用コンピューターを導入、御得意先とのオンラインを実施。

平成03年 新製品、カステラ饅頭を開発。販売を開始。 経理部門専門コンピューターを導入。

平成05年 代表取締役に 大倉俊一 就任。従来の冷凍技術を適応して、本格的に冷凍販売を開始。新製品、「とれたての北海道」を開発。販売を開始。

平成07年 新製品、「しぼりたての北海道」を開発。販売を開始。新製品、「もぎたての北海道」を開発。販売を開始。

平成08年 創業五十周年を控え、記念事業計画をスタート。急速冷凍倉庫を増改築、冷凍商品製造ラインの増導入により、冷凍販売の拡充をはかる。

平成09年 新工場建設により冷凍和菓子の増産

平成10年 おはぎ製造ライン完成

平成11年 おはぎ製造ライン増設

平成12年 新工場建設計画(敷地面積1,300坪 建築面積600坪 平成13年6月完成予定)

平成13年 7月小樽市新光に新社屋完成移転

平成14年 赤飯製造ライン完成